あの山の向こうがわ

アクセスカウンタ

zoom RSS 埼玉〜大阪 帰省サイクリング

<<   作成日時 : 2012/11/27 23:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

春に3度失敗していた帰省サイクリングの宿題がようやく片付きました。

せっかく東京に転勤になったことやし自転車で帰省するのも良いかもと計画しました。
最初は3月に予備知識もなく走り始めてあまりの寒さで三重県の関で断念。454km
これじゃいかんといろいろ勉強してみると、なんと東京〜大阪間を24時間以内に走る人もいててびっくり。

どう考えても僕の脚ではワンデーは無理なのでなんとか30時間以内に走ろうと計画することにします。
2度目は4月あたまに挑戦して箱根から強烈な向かい風の中を延々100km走り続け、
まだこの先名古屋まで100km向かい風にさらされることに気づき意気消沈して掛川で断念。259km
風は重要なファクターであると学習。箱根から延々と20km/hのスピードしか出なくて力尽きました。

3度目は4月後半に挑戦して調子よく走れてたのですが胃をこわして名古屋で断念。382km
内蔵いかれると走る気力が無くなります。名古屋駅前で一晩明かしました。

あれから半年、なんだかんだと忙しくてこの11月の連休が今年最後のチャンスです。
2週間前の落車のダメージがちょっと心配ですが、首の可動域がほぼ元通りになったのでいけるかな。
しかし、せっかくの3連休ですが初日がどうやら雨模様のようです。
帰省してものんびりできませんが、出発を1日遅らせることにします。もう宿題達成ありきです。

てなわけで、東京〜大阪間を30時間以内で走るのに時計見てわかりやすくしようと
東京日本橋を0時に出発することにします。
逆算して埼玉県の家を22時半すぎに出発しました。ウォーミングアップがてらのんびりと走っていきます。
自宅から23kmを1時間ほどかけて日本橋に到着。
画像

日本橋の道路元標です

しかし余裕を持って到着したはずが、トイレに籠ってるうちに0時を過ぎてしまいました。
なので0時5分くらいに出発しました。まずは、真夜中なのに明るい銀座をさっと通り過ぎます。
第1京浜道路は基本明るくて夜でも走りやすいですわ。
品川駅の長〜〜い客待ちタクシーの列の横を走り抜け、多摩川を渡れば神奈川県です。
鶴見あたりでロードバイク乗りの人に追いついたので先行させてもらうと
信号待ちの時「会社帰りですか?」と声をかけられました。
「ちょっと遠出します」などと話をしてみるとなんとその方も大阪を目指して走るとのことでした。
同じ志しを持った人がこの時期の同じ夜に走っていることにびっくりです。

その方はarkibitoさんと言って先日も逆ルートの大阪〜東京を走ってられたようですし、
大阪〜小倉などのロングを走ったりもされてるようです。
今回僕は前回で味をしめた御殿場経由ルートですがarkibitoさんは箱根七曲りを登られるとのこと。
なので分岐点の戸塚まで一緒に走りましょうってことになりました。横浜から戸塚の間だけでしたが
信号待ちの間にいろいろお話することができ一人旅だと思ってたところ予想外に楽しい時間を過ごせました。
その後はメールアドレスを交換して、行程中エールを送り合うことになります。

戸塚のバスセンター前交差点でarkibitoさんと握手して別れました。
僕は県道22号に入って国道246号を目指します。
さすがに国道1号に比べると暗いです。アップダウンをこなしながら西へ西へと走ります。
相模川を渡って少し走ると国道246号に合流しました。
このあたりから雨が降ってきました。低気圧過ぎたあとやのに暖かい夜だと思ってたら案の定ですわ。
伊勢原から秦野、松田とアップダウンが続きます。雨も全然降り止む気配がありません。
松田からは登り基調となり静岡県に入ると国道246号は自転車通行禁止となります。
県道394号に入り小山町のコンビニで休憩します。arkibitoさんからメールが入っていて海側も雨とのこと。
同じ夜に走ってる人がいると思うととても心強いです。1号ルートはこれから箱根の登りでしょうね。頑張れ!

こちらも箱根ほどではないですが、御殿場まで登りです。まだまだ先は長いので脚を労わりながら走ります。
そのうち先ほど別れた国道246号が近づいてくるのでそっちに移ります。
御殿場を通り過ぎるといよいよ沼津までの下り区間です。これがこのルートを選んだ最大の理由です。
1度目と2度目は箱根越えしましたが、3度目に使ったこの御殿場ルートの下り区間が快適で病みつきです。
箱根は下りでもワインディングが多くていまいち爽快感が足りません。
こちらは斜度はあまりないですが、ほぼ直線なので漕げば漕ぐほど早く下れます。
・・・と思いきやまさかの雨降りですわ。こわくて飛ばせません。魅力半減です。

このあたりでやっと明るくなってきました。雨もそろそろ上がりそうな気配です。
沼津IC南の交差点を左折し、沼津市街地を通り抜けて沼津駅横を通過し三園橋の交差点へ。
再び東海道に合流です。海の見えない海沿いの県道380号をしばらく走ります。
富士市に入り、JR吉原駅前を通って、橋を渡ったり細い道を通ったりして再び国道1号線に入りました。
道の駅「富士」でトイレ休憩したあと、すぐに富士川を渡ります。
画像

新富士川橋にて  今日は残念ながら富士山が見えません 

arkibitoさんのメールを見てみると、今は箱根を下ってる途中のようです。箱根クライムお疲れ様でした!
さて、富士川を越えると1号線が自転車通行禁止なので県道396号に移動します。
由比を過ぎたあたりで、国道1号を横断し並走する自転車道に入ります。
2度目のチャレンジ時の強烈な向かい風の時は地獄を見た区間ですが今日は大丈夫です。
画像

向かい風がなければ快適な自転車道です。

自転車道が終わると清水の町です。清水駅前を右折して静岡を目指します。
交通量の増えた国道1号を走っていきます。信号も多くて時間がかかりますわ。
画像

静岡駅前の徳川家康公像の前で小休止  ようかん食べてほっこりタイムです
東京出発してから9時間たってます。 前回よりもすでに30分ディレイですわ。

静岡駅を出発してすぐに安倍川を渡ります。その後国道1号バイパスに合流し登り坂です。
たいした登りではありませんが、疲れてスピードも出せません。
お腹がすいたのでトンネル手前の道の駅「宇津ノ谷峠」でお昼休憩にします。
そういえばarkibitoさんが「しずおかおでん」を食べるとおっしゃってたので僕もそれに倣います。
画像

おでん定食 サイクリング中にはちょっと量が多かった

宇津ノ谷トンネルを越えるとすぐに自転車通行禁止になるので県道208号に逃げます。
そのまま道なりに走ると再び国道1号と合流ししばらく市街地走行になります。
時間帯的に交通量が増えてきました。信号も多くてストップ&ゴーも多くなります。
藤枝市、島田市をいつの間にか通り過ぎて大井川を渡ります。
画像

越すに越されぬ大井川 ここで写真撮るのも今年4度目ですわ。

大井川を渡ると金谷峠への登りです。短いですが疲れてる足には堪えます。
峠を越えて少し下ってまた少し登ってトンネルを越えます。そのあとは掛川までの下り。
またしばらく市街地走行が続きます。2度目の時に断念した掛川市街地を通過し袋井から磐田市へ。
多少のアップダウンはあるものの単調な道です。このあたりからいよいよ向かい風っぽくなってきました。

磐田市を抜けると天竜川を渡ります。
画像

天竜川で東京出発時から12時間45分過ぎました。 前回より45分ディレイしてます。

天竜川を渡ると浜松市です。浜松バイパスは自転車も走れるのでやっと市街地走行から脱出です。
コンビニで休憩してarkibitoさんのメールを見ると無事にしずおかおでんにありつけたと入ってました。
さて、浜松バイパスが西へ向きを変えるといよいよ強烈な向かい風が立ちはだかります。
これはたまりません。速度が20km/hを越えませんわ。ここは我慢の走りです。
画像

浜名湖までやってきました まだ行程の半分程度ですが・・・

浜名湖を過ぎても強烈な向かい風区間が続きます。潮見坂にかかるころようやく風から解放。
しかし疲れた足にはこの程度の登りもきついです。
潮見坂を登り切って少し走るとやっと愛知県入りです。静岡県通過に10時間くらいかかりましたわ。

豊橋、豊川の市街地を通り抜けてだらだらした坂を登り切ると岡崎市に入ります。
この区間も向かい風ですが浜名湖付近に比べたら大したことありません。
で、そろそろ日没です。2回目の夜がやってきました。日が暮れると急激に気温が下がってきました。
安城、知立の市街地を走り抜けますがあんまり記憶にありません。
交通量と信号のストップ&ゴーが増えて気を使う時間帯です。

名古屋市に入ると一段と交通量が増えました。車線も左折専用レーンが多くて何かと気をつかいますわ。
熱田神宮付近で国道1号が西を向くと、また向かい風が激しくなりました。
こんどは気温の低下で風がつらいです。あまりに寒くて弥富の手前のコンビニで休憩。
ホットドリンクで一息つきます。arkibitoさんのメールを見ると途中でパンクしてたようです。
心配ですがエールを送ることしかできません。
同じ夜に同じ寒さと風に立ち向かってる人がいると思うととても心強いです。

弥富の街を通り抜けると、すぐに木曽川を渡ります。いよいよ三重県に入りました。
自転車歩行者専用道を走りますが真っ暗な中で釣りをしてる人がいてびっくりしました。
すぐに長良川・揖斐川です。真っ暗のなか水量の多い川を渡るのは不気味な感じです。
橋を渡ると桑名の街です。南方向に向かうようになり向かい風の洗礼な無くなりました。
名古屋市街地に比べると交通量も減って走りやすくなりました。
しかし気温がどんどん低くなっていく感じです。
3月に断念したときもこのあたりで低温にやられて力尽きた感じです。

四日市の市街地を通り抜けて亀山に向かいます。
胃の具合がよくありません。前回走れなくなったときほどではないですが確実にスピードダウンです。
どうも300kmを越えるとあきませんわ。
おまけにスピードを上げると風が冷たくて凍えてしまいます。足はまだ大丈夫なのに。
市街地の方が寒さはマシかなと思い亀山バイパスは通らず亀山駅経由で走ります。
まあ、寒さは一緒でしたが・・

再び1号線に合流しすぐに道の駅「関宿」です。ここは3月に断念した場所です。
今回も寒くて道の駅のトイレに逃げ込みます。トイレの中は暖房していてオアシスです。
強烈な眠気でしばし意識を失います。30分ほど休憩してやっと走る気になりました。
arkibitoさんのエールがありがたいです。彼も今頃眠気と寒さを堪えて頑張ってることでしょう。

時刻は0時。東京出発からまる1日です。鈴鹿峠の登りは身体があったまって幸せでした。
普段は思わないですが今日はもっと長い登りだったら良いのにと思わずにおれません。
画像

鈴鹿トンネルです。 気温は1℃ いよいよ滋賀県。関西圏に入りました。

トンネルを抜けるとずっと下りです。寒さで気を失いそうになります。
思わずすぐにあった道の駅「あいの土山」のトイレに逃げ込みました。ここでもしばらく別世界へ逃避。
しかし、いつまでも逃げてるわけにいけませんので、また極寒の中を走り出します。
甲賀まで下ると気温は3℃くらいになりましたが、寒いのに変わりありませんわ。
寒くて25km/h以上出せません。信号待ちで止まると風が止んで体感温度はあがります。
今までこれほど信号待ちが楽しみだったことはないですわ。
しまいにはしばらく自転車押して歩いたりしました。

野洲川沿いを走るようになると、じょじょに市街地らしくなりまもなく草津です。
コンビニに逃げ込んでホットドリンクを買います。
メールを見るとarkibitoさんも眠気と戦ってるようです。
国道8号線を吸収して向きを西へ変えます。瀬田川を渡ると大津の街も近いです。
このあたりまでくると土地勘も出てきて残りの距離感もわかってきます。
しかし、いかんせん寒さと胃の不調でスピードが出せません。すでに関で30時間切りは断念しましたが・・
逢坂の坂も身体があったまるほどではありません。少し登っただけやのに下りが長いですわ。

なんにせよ京都に入りました。もうどこを走っても見覚えのある街並みです。
しかし気温は3℃のままですわ。勘弁してください。
東野の交差点を左折して南下していきます。途中のコンビニで最終休憩。
府道7号を少し走って観月橋を渡ります。すぐに路地に入り第二京阪沿いの新1号線へ移動。
あとはまっすぐ走るのみです。枚方東IC手前でついに大阪府に入りました。
しかし喜びよりも寒さが勝って感情が動きません。そして今回2回目の夜明けです。

この道は基本1号線本線は自転車通行禁止なので側道か自転車道を走ることになります。
アップダウンが多いですが走りにくいことはないです。
画像

帰ってきました我が街大阪です。

この頃になると猛烈な睡魔です。
このまままっすぐ梅田新道まで行こうかと思ってましたが早く寝たいので寝屋川から直接実家を目指します。
国道170号を南下し途中から旧170号へ。太陽も出てきましたが気温が上がるのはもう少しあとでしょう。
今からどこかに向かうローディさんと何台かすれ違います。
颯爽とすれ違っていくの比べ僕の走りはボロボロですわ。
最後は実家手前の10%超えの坂道をよれよれと登って帰省サイクリング達成しました!

とりあえずは今年中に走り切れて良かったです。30時間切りの宿題が残っちゃいましたけど・・
今回はこれで良しとしときます。この時期のナイトランは身体に良くありませんわ。
実家で風呂に入って、arkibitoさんに無事到着のメールを送りしばし爆睡しました。
起きてメールを見るとarkibitoさんも無事に到着されてました。東京⇔大阪両方達成おめでとうございます!

さてさて明日から仕事なので埼玉に帰らなければなりません。
ひと眠りしたら胃の具合もマシになったので飯をがっつりいただきました。
秋の行楽シーズンで帰りの新幹線はどれも満席。自由席争奪戦です。
新大阪に向かう途中に行きつけのサイクルショップ「tubi」に立ち寄って自転車を預けます。
オーバーホールに出して年末の帰省時にピックアップします。なので相棒とはしばしのお別れです。
すぐに新大阪に移動し椅子取り合戦の結果なんとか座ることが出来ました。
32時間かけて走ってきたのに、帰りは13,000円払って2時間半で到着です。
今回のサイクリングは時給にすると400円ちょっとですな。

今回の行程で心の支えになったarkibitoさんのブログはこちらです→記憶の残滓

画像


走行距離     573.36km
走行時間     25:23
停車時間     7:26
高度上昇値   3043m

東京〜大阪
走行距離     550.74km
経過時間     31:46

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ほんとスキーも自転車もこうゆう自虐っぽいの好きやね〜お疲れさん。
次は物足らんやろから家着いてそのままUターンしてwako~osaka~wakoとかいいんちゃう?4年に一度行われる世界ブルベ最高峰パリ〜ブレスト〜パリ1200kmに匹敵やし。国内ではオダックスジャパン主催レースで完走実績を積み上げその中でも上位ランクのブルベライダーにのみ数少ない日本人枠が与えられというブルベライダーや全てのサイクリストの憧れですよん。

2012/11/28 10:38
どアホやろ・・・
魚屋
2012/11/28 22:28
>ぬ
結局今回も自虐的なものになってしまいました。
季節が悪かったです。
ブルベも良さげなのですが決められたコース通りってのがなんか腰がひけます。
しかしいくらなんでも1200kmは無理ですわ。
あう
2012/11/28 23:02
>魚屋
アホちゃいまいねん・・・
あう
2012/11/28 23:03
改めましてお疲れ様でした。
まだまだ完全にまで回復てませんが、
今週末はチームライドで自走アワ1です…。
いつか一緒にPBP出ますか!?
arkibito
2012/11/29 11:25
>arkibitoさん
お疲れ様でした!
僕も小指のしびれがようやくマシになってきました。
今週末はアワイチですね。暖かかったら良いですね。
PBPですかあ〜 どんなか想像もつかないですねえ。
まずは走れる距離を伸ばさないことには・・・
あう
2012/11/29 22:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
埼玉〜大阪 帰省サイクリング あの山の向こうがわ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる