あの山の向こうがわ

アクセスカウンタ

zoom RSS 奥多摩プラスα 峠探訪

<<   作成日時 : 2012/11/06 22:46   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

今週も自転車に乗ってました。
奥多摩湖起点で大菩薩嶺をぐるっと回るような感じの峠探訪サイクリングです。
犬切峠と柳沢峠と上日川峠と笹子峠と松姫峠ってところに訪れてみます。
峠好きのにゅで氏を誘ってみると膝痛めてるにもかかわらず喜んで参加です。

今回は奥多摩のもっと奥まで足を伸ばすので自走はやめて自転車をクルマに積んで行きます。
にゅで氏を自宅でピックアップしてから一路奥多摩湖へ。
奥多摩湖の奥にある留浦駐車場にクルマを置きます。出発準備してると寒い寒い。
冬の寒さです。6時半に出発。

まずは国道411号を柳沢峠方面に走ります。山梨県に入ると斜度が強くなってきました。
しかし気温が低くて身体が全然あたたまりませんわ。
アップダウンをこなしながら進むと道の駅「たばやま」です。
時間が早く営業前なので素通りします。

国道411号を多摩川沿いにどんどん進んでいくと一之瀬林道の分岐に到着。
ここでいったん国道と別れて一之瀬林道に入ります。
画像

落葉の一之瀬林道を走るにゅで氏

林道はだらだらと高度を上げていきます。途中、キャンプ場を通り過ぎて多摩川源流地帯へ。
この林道は笠取山方面への登山道がいくつかあるのでクルマも結構走ります。
車の通れる道としては多摩川本流最奥地点の「作場平橋」で最初の休憩。
画像

多摩川源流とにゅで氏

休憩すると身体が冷えてきます。気温は0度前後のようです。
この後は本日最初の峠「犬切峠」に向かいます。そのまま林道を反時計回りに進みます。
途中一ノ瀬高原から埼玉との国境尾根方面の景色が素晴らしいです。
ぐるっと回って9時くらいの位置にある三叉路を左折するとすぐに「犬切峠」です。
看板も標識類もありませんわ。
画像

とりあえず記念撮影 犬切峠とにゅで氏

先ほどの三叉路に戻ってから国道411号まで下っていきます。
このあたりところどころ砂が浮いてて注意です。危なくコケかけましたわ。
国道に出ると右折して柳沢峠に向かいます。この頃になると太陽もあたってやっと寒さから解放されました。
今日はお天気も良く景色を楽しみながら走れます。
そうこうしているうちに本日2つ目の峠「柳沢峠」に到着です。
近くにどんな山があるのかさっぱりわかりませんが山登りの人たちでいっぱいです。
峠からは富士山が見えます。
画像

いかにも富士山的な積雪具合です

ここからは快適なダウンヒル。大きいカーブが連続しています。
ぐんぐん高度を下げていきます。一気に600m近く標高を下げたところで上日川峠への分岐に到着。
分岐を左折するといきなり想定外の15%くらいの登り坂が始まりました。
心の準備が出来てないので精神的にもきついですわ。
激坂は最初の区間だけで、その後はだらだらとした登りが続きます。
こちらも登山シーズンまっただ中で狭い林道の割にクルマの往来が激しいです。
峠までの距離を表示した看板が200mごとにあるので初見でもペース配分しやすいです。
画像

上日川峠に向かう県道から来た方を眺める

最後は勾配が緩くなり本日3つ目の峠「上日川峠」に到着です。
ここは大菩薩嶺への登山口とのこともあり登山者がいっぱいいてはります。
景色を眺めると甲府盆地を挟んで南アルプスの山々も見えています。
画像

上日川峠は今回一番標高の高い峠でした。

峠からしばらくトラバース気味に走ります。上日川ダムが見えてくるあたりから快適な下りです。
途中ダムに立ち寄って見学。
画像

上日川ダムはロックフィルダムでした。

日川沿いの道をどんどん下っていくと甲斐大和に降りました。
コンビニでランチタイムとします。日差しがあるとあったかいです。
お昼休みのあとは笹子峠への登りです。かつては甲州街道の難所と言われたところらしいです。
しかし、ここの登りは大したことはなくにゅで氏と雑談しながらだらだらと登っていきます。
最後は峠越えではなく隧道での山越えになりました。
画像

笹子隧道とにゅで氏

とりあえず4つ目の峠をこなしたので、あとはラスボスの「松姫峠」だけです。
そのまえに、日本三奇橋のひとつ「猿橋」を見学します。
国道20号を下り基調で快適に走っていきます。大月の街を通り過ぎると猿橋に到着。
画像

「猿橋」は唯一現存する木造の刎橋構造らしい。

ここから最後の峠越えです。国道139号を北上していきます。
しばらくはだらだらした登りが続いていきます。深城ダムを過ぎたあたりから斜度が出てきました。
ループ区間を過ぎたあたりから見上げた稜線に今から向かう車道が遥か高く見えて萎えます。
さらっぴんの足ならなんとでもなりそうですが、すでに3,000m以上登ってる足ではきついです。
そんなわけで追い込めるわけがないのでだらだらと高度を稼ぎます。
日も傾きかけたころに「松姫峠」に到着。気温が一気に下がってきました。
にゅで氏も久しぶりの自転車とのことなのでボロボロになって到着。
しかしヒーヒー言いてるわりにとても楽しそうに見えました。
画像

武田家の松姫が越えたと言う由来から松姫峠らしいです。

峠からは富士山も見えて良い景色です。しかし薄暗くなってきたのでさっさと降ります。
小菅村側は大月市側より走りやすい感じですわ。
途中で原始村方面にショートカットしたりしながら国道139号を走っていきます。
そのうちに完全に日没してしまいました。最後は奥多摩湖沿いを走り留浦の駐車場に帰ってきました。

距離的にはセミロングですがとても走りごたえがあって楽しいコースでした。
峠好きのにゅで氏も満足そうで何よりです。

画像


走行距離     151.38km
走行時間     8:16
停車時間     2:38
高度上昇値   3758m

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れさま〜ほんとえらい目にあわせてくれておおきに〜。
山のあうあうスタイルがそのまま自転車になったような感じでしたわ〜。
まあまたお手柔らかに〜。

2012/11/07 10:10
>ぬ
お疲れ様でした!
にゅでさんこそ自転車久しぶりやのにさすがでした。
基礎体力が違いますなあ。
とりあえず出来ることをこつこつとやっときますわ。
また遊びましょう〜
あう
2012/11/07 23:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
奥多摩プラスα 峠探訪 あの山の向こうがわ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる