あの山の向こうがわ

アクセスカウンタ

zoom RSS 奥多摩 峠3題

<<   作成日時 : 2012/10/14 20:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

今日は再び奥多摩探訪サイクリングに行ってきました。
計画は奥多摩周遊道路からぐるっと三頭山を一周するような感じです。
風張峠と鶴峠と今川峠の3峠を巡ってみます。

今回も長丁場なので朝の4時過ぎに自宅を出発。
暗い中を眠気と闘いながら走っていきます。
所沢から県道179号を走り青梅が近づいてくる頃ようやく明るくなりました。
人影まばらな青梅の市街地を抜けると登り基調になります。
前回の初奥多摩の時はこの道を淡々と下ってきただけですが、登りは渓谷を見下ろせるので
なかなか楽しい道です。
御岳のコンビニで最初の休憩。軽めのパンを食べます。
引き続き西へ西へと走っていきます。奥多摩駅を過ぎるとトンネルがやたら多くなりますわ。
最後の最後で傾斜が強まって小河内ダムに到着。自宅からだいたい60kmくらい。
よくよく考えると白石峠の登り口までと同じくらいです。奥多摩が身近に感じますわ。
画像

奥多摩湖を堰き止めてる小河内ダム

で、先ほどから時々出てくる電光掲示板が気になってるのですが・・
なんと10月の奥多摩周遊道路は9時からしか通れないとなっ。
今はまだ7時ですわ。2時間時間を潰すくらいなら計画コースの逆回りにします。
そんなこんなで国道411号を走っていきます。
前回は雨でひたすら通過しただけだったので今回は景色を楽しみながら走ります。
画像

浮橋です。昔は浮力にドラム缶を使ってたらしいです。

逆回りなので深山橋は曲がらずに直進。山梨県に入ると斜度が強まったり下ったりを繰り返します。
だんだん山深くなってきました。道の駅「たばやま」で小休止。まだ朝早いのでお店は閉まってます。
「たばやま」を出てすぐ左折。小菅村に抜ける県道18号に入ります。
橋を渡っていきなり傾斜が強まります。きついです。15%がしばらく続きます。
ローラー滑り台の看板が気になりますがヨレヨレ走りながら通過します。
しばらく頑張ると傾斜は緩まって7%くらいで落ち着きます。
ぐねぐね道をひたすら登っていくと最後に再び傾斜が強まり峠っぽい地形に到着。
看板もなんもないですが、おそらくここが今川峠でしょう。
写真もとらずに小菅村側に下りて行きます。こちらは展望もなく斜度も強いので登るのは疲れそうです。

小菅村の集落にいったん下って国道139号に入ります。
しばらく登りですがこのままいくと松姫峠に行くので途中で出てくる上野原への分岐を左折。
いったん下っていきます。再び登りになり今度は鶴峠まで上げていきます。
こちらも展望が効くわけでもなく単調な登りです。なんだかんだとヒーヒー言いながら鶴峠に到着。
峠の看板らしきものがない代わりにバス停があったので記念撮影しました。
画像

鶴峠です。

さてさてここからは快適なくだりです。どんどん下っていきます。
ある程度まで下るとアップダウンが出てきますが大したことありません。
下り切ると三叉路で右に行くと上野原市街地、左は甲武トンネル越えて檜原村です。
僕は左へ進みます。甲武トンネルに続く道は前回の時に走りました。
一度通ると地形が分かるので気が楽ですわ。
画像

甲武トンネル

トンネルを越えてぐぐっと下ると檜原街道に合流です。信号左折して奥多摩周遊道路を目指します。
だらだらしたアップダウンが続きますが、このあたりからまたまたハンガーノックの症状が・・・
そういえば御岳のコンビニでパンを一個食べたきりなんも食べてません。
ほんまに学習しませんわ。もう身体に力が入りません。なんとか都民の森まで頑張るしかないです。
すでに高度上昇値は2,000mを越えてるのでさすがに足も疲れてるのですが。
ふらふらして危ないので奥多摩周遊道路の料金所跡地で休憩。
なんかないかポケットをあさったらべたべたの塩飴が出てきたのでそれ食べてしばらく待ちます。
塩飴くらいで復活できるはずはないですが、休憩して足が少し回復したので安全速度で登っていくことに。
料金所跡からは7%前後の坂が続きます。景色もあって走るのは快適な道ですね。
ハンガーノックでなければ・・・

距離的にはそんなにないのですが精神的にはやっとのことで都民の森に到着。
売店でやきそば買って速攻で食べました。おまけにソフトクリームも。
30分ほど待ってややライフが回復して来ましたので行動を再開します。
その後も適度な斜度で登っていき風張峠に到着。
前回走った風張林道に比べてなんと快適な道なのでしょう。風張林道が異常なだけですけど。
画像

風張峠駐車場付近です。

ここからは快適なくだりです。前回も走ったのでコース内容もわかります。
しかし単車が多いです。ここは単車乗りの人にもメジャーなところなのですね。
奥多摩湖まで降りるとあとは来た道を帰るのみです。
向かい風が玉にキズですが下り基調で快適に青梅市街地へ。
所沢、新座を過ぎて自宅まで10分ってところでまさかの雨に降られました。がっかりですわ。

画像


走行距離     218.04km
走行時間     09:36
停車時間     1:51
高度上昇値   3113m

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
その周回コースは10年前にバイクでタイムトライアル的によく走ったコースですわ。
ようそんなとこチャリで走りますなぁ。
パワーアップしてるんじゃないですか?

2012/10/16 03:25
>だ
やはりだる氏も走ってはりましたか!
自転車でもタイムトライアルしなければ楽しく走れますよ。
パワーは現状維持もままなりませんわ。
あう
2012/10/16 22:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
奥多摩 峠3題 あの山の向こうがわ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる