あの山の向こうがわ

アクセスカウンタ

zoom RSS 妙義神社

<<   作成日時 : 2012/01/29 21:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ムスメの受験が終わるまではなんとなく落ち着かない日々です。
今頃必死で最後の追い込みにかかってると思うとスキーに行く気も起こりませんわ。

しかし、なんの運動もしないのではよぼよぼの身体がさらにぶよぶよになってしまいます。
やはりムスメの合格祈願という名目で身体を動かすことにします。
先々週に痛めた膝もなんとなくマシになったようなのでここは自転車でGOです。

自転車で行ける範囲でご利益をお願いできそうな神社を探してみました。
行ける範囲は適当にヤフーの地図で埼玉県を出して自宅から定規でだいたい10cmくらいまで。
その後ルートラボでコースを設定してだいたいのキロ数を出します。もちろん高低差も考慮しますが。

で、今回は妙義神社が目的地となりました。
やはりご祭神に学問の神様の菅原道真公がいらっしゃるのが決めてです。
勉強をやれるだけやったらあとは神頼みしかないのです。

さて、ルートラボでは往復で240kmくらいと出ました。
なんとかなる距離ですが今回も風が強敵となりそうですわ。
先々週は風に吹かれて帰りは日没してしまったので今回は自宅を5時に出発。
気温は氷点下です。寒いです〜。

まずは真っ黒な荒川自転車道を走っていきます。
う〜ん。やはりいきなり向かい風の洗礼です。
風は北西から吹いてきます。おもいきっり直撃です。
荒川土手は我慢の走りが続きます。榎本牧場を過ぎたあたりで日の出です。
明るくなると気分も和らぎますわ。

熊谷までも土手を走ることがほとんどでヒーヒー言いながら進んでいきます。
先週は踏み過ぎて膝を痛めたので今回は回転させながら走ります。
熊谷で自転車道を離れて国道17号線へ。途中のコンビニで一回目の休憩です。
手袋を外すとすぐに手がかじかんできますわ。

引き続き国道17号を走ります。深谷市を過ぎて本庄市で県道23号へ。
神流川までくると遠くに妙義山が見えてきました。まだまだ距離はありそうです。
国道254号に入り藤岡市、吉井市を通り抜けて富岡市へ。
このあたりは去年の夏に走ったので見たことある景色です。
妙義山の右奥に真っ白の浅間山が見えています。滑れそうやけど地雷だらけかな?
富岡市のコンビニで2回目の休憩。なんとなく気温も上がってきました。
しかし風は相変わらず向かい風ですわ。100km以上逆風にさらされてすでにお疲れモード。

県道47号に入るとやっと妙義山が近づいてきましたよ。
画像

ギザギザの稜線で特徴的な形をしてますな。

この辺は登り基調で向かい風なので余計にスピードが出ません。
上信越道の橋をくぐると斜度が急に上がりました。勾配10%以上が続きます。
もう勘弁してください。ここまでくるので足ガクガクですわ。
しかしムスメはもっとハードワークをこなしてると思うと泣き言は言えません。
ヨレヨレと妙義神社前に到着。最後の激坂を登って入り口までたどり着きました。
画像

ここで自転車を置いて参拝します。

まずは階段を登って仁王門をくぐります。しかしクリートは歩きにくいったらありゃしない。
画像

再び階段を登っていき鳥居をくぐるとその先は通行止めです。
本殿はいつぞやの台風の影響で修理中らしいです。
画像

なので今はすぐ右手にある波己曽神社を仮殿としていました。
画像

ここでお祈りしまくりです。どうかよろしくお願いいたします。

目的はやり遂げたのであとは帰るだけです。復路は来た通り帰るだけですわ。
しかし2回ほど道間違えて迂回してしまいました。
帰りは当然追い風です。これはすごい威力です。さすが上州の空っ風。
砂埃を舞い上げながら吹きまくりです。
口の中がじゃりじゃりになりましたがラクなので気になりません。
ときどき横風になってハンドルとられかけてヒヤリとします。

荒川自転車道も快適快適。
しかしやはり、200kmを超えると膝が痛くなってきました。
前回の後遺症が残ってたのかまだまだぺダリングの修正がやりきれてないのか。
今後の課題です。っていうか毎冬膝痛めてるのでただ進歩がないだけですわ。
それでも今回は強い追い風に乗れて日没前には自宅に帰れました。

しかし受験終わるまで合格祈願のお守りを渡しに行けるタイミングが
ないので大事に預かっておきます。

画像


走行距離     243.12km
走行時間     9:53
停車時間     1:48
高度上昇値   1203m

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
妙義神社 あの山の向こうがわ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる