あの山の向こうがわ

アクセスカウンタ

zoom RSS 三浦半島一周

<<   作成日時 : 2011/12/18 23:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

年も押し迫ってまいりましたが寒さに負けず一周シリーズです。
関東で残された半島はといえば三浦半島です。
試算すると自宅からだいたい200km前後でいけそうなので自走することにしました。

さて、三浦半島の付け根である横浜まではおもっきり街中走行です。
地図で調べると一番単純なコースは環八を走るルート。
環八はクルマで数回走りましたが常に渋滞している印象しかありませんわあ。
走りにくそうな感じですが他に候補が見つからないので仕方なし。

前日に土地勘のあるにゅで氏が同行することになったので心強いです。
さて、当日朝6時過ぎに待ち合わせ。今朝は今冬一番の冷え込みらしいです。
待ち合わせ場所でじっと待っているとさすがに寒いですわあ。

まずは笹目通りから環八へ入ります。
心強いはずのにゅで氏は昨夜の酒で体調不良のようです。
二日酔いならば仕方がないので全面的に引かせていただきますわ。
環八は朝のラッシュアワーと重なって当然渋滞。
信号も多くて、幾度となくストップ&ゴーを繰り返します。
よせばいいのに信号が青になる度にダッシュを繰り返したのでのちのち響いてきました。
環八は立体交差橋やアンダーパスが多くて自転車には不向きな道です。

第三京浜道路玉川ICを過ぎてすぐの等々力不動前交差点を右折します。
環八を離れるとやっと普通に走れる感じになりましたわ。
目黒通りの坂を下るとすぐに多摩川にぶち当たりました。
そこから多摩堤通りを南下していきます。丸子橋で多摩川を渡って横浜方面に走ります。

途中コンビニで休憩して朝食タイム。寒い季節は中華まん系が美味しいですわ。
横浜までの道路も信号が多くストップ&ゴーを繰り返します。
あいかわらずプチインターバルトレーニング気味な走りです。
大豆戸の交差点を右折して環状2号へ。新横浜駅前を通り過ぎて鳥山東の交差点を左方向。

三ツ沢から一気に坂を下って横浜の市街地に入ります。
このあたりも交差点が多くて予想以上に時間を食います。
土地勘のない横浜市街地を迷走しながらなんとか国道16号に出ました。
途中で国道357号に入り八景島方面に走ります。やっと走りやすい道になってきましたわ。

海の公園やら野島やらを走っていきます。結局八景島ってどこ?って感じで見れずじまいでした。
再び国道16号に合流して南下していきます。
横須賀の市街地に入り最初の観光地の三笠公園に行きます。
画像

東郷平八郎さんの像と戦艦三笠
ちょうどテレビドラマで「坂の上の雲」を放映しているので観光客もそこそこいてはります。
さすが三笠はかっこいいですわあ。
画像

艦首から 菊の紋が燦然と輝いてますな
画像

艦尾です 

さて、まだ先は長いので船の中には入らず行程を進めます。
横須賀の街を出ると海を見ながらの気持ち良い道になります。
しかし、三浦半島って自転車で走ってる人が多いですわあ。
何台もの自転車とすれ違いました。
道はいつのまにか国道16号から県道209号に変わってます。
さてさて本日第2の観光地の観音崎灯台に立ち寄りです。
画像

ここからは東京湾を挟んで先日走った房総半島が良く見えますわあ。

観音崎から少し走ると浦賀港です。
入り江状の港をぐるっと回り込んで走っていきます。
久里浜港を通過してトンネルを越えると再び海岸線に出ます。
このあたりは海を見ながらの気持ち良い道が続きます。
野比の交差点から国道134号に入ります。
津久井浜や三浦海岸を快適に走っていくがその先の丘陵地帯に入ると途端に足が売切れました。
坂道は全然走れませんわああ〜
延々続いたストップ&ゴーのつけが回ってきたようです。

よれよれと丘陵地帯を走ってなんとか城ケ島大橋に到着。
自転車は通行料無料らしいので城ケ島に渡ってみます。
ループ状の坂道を下り城ケ島灯台まで行きます。
画像

ここからは新雪を纏った富士山が綺麗に見えました。

さて、お腹も減ってきましたので三崎港に移動してランチタイムです。
画像

三崎港といえばまぐろです。阿木と言うお店でまぐろ丼食べました。

お腹もふくれたところで後半戦に突入です。
三崎港から油壺港経由で県道26号に戻ります。
海岸線を離れると微妙なアップダウンが多くなりました。
国道134号に合流して北上していき葉山に到着。
森戸神社に立ち寄りして裕次郎灯台を見学します。
画像

今日はなんか灯台三昧ですわ。
画像

こちらは石原裕次郎の碑です。
灯台は三回忌に兄の慎太郎氏が基金を集めて建てられたそうです。

再び北上を開始。厨子の海岸を見ながら走ります。
滑川の交差点を右折して鎌倉に到着。
さすが日本を代表する観光地のひとつだけあって観光客だらけですわ。
画像

あまりの人の多さに鶴岡八幡宮をバックに写真撮影してすぐに退散。

三方を山に囲まれている鎌倉は脱出するのに坂を登らないといけません。
疲れた足でヒーヒー言いながら山越えです。
坂を登り切り北鎌倉を通り抜けて小袋谷の交差点を右折します。
県道21号を横浜向けて走っていきます。
市街地に入るとまたまた渋滞発生でストップ&ゴーが多くなります。

横浜で国道16号と合流して一周完了。ここからは来た道を戻ることになります。
横浜市街地を抜けたあたりで日没しました。
三ツ沢ICまでの登り返しでへろへろになり
新横浜から丸子橋までの渋滞でくたくたになりようやく環八までたどり着きます。
ここからはなんやもう通行量の多さと自転車に優しくない道で
にゅで氏ともどもだめだめ状態です。
それでもなんとか8時前には地元まで戻ってきました。
当初の計画より2時間余計にかかってしまいましたわ。
信号待ち多すぎです。しばらく市街地走行は遠慮したいです。

ちなみに三浦半島自体は自転車に快適なとても良いところでした。

画像


走行距離     209.99km
走行時間     8:47
休憩時間     5:23
高度上昇値   1422

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おつ〜
えらい疲れたよ〜
今後街サイ禁止条例!

2011/12/19 17:48
>ぬ
おつかれさまでした!
環八はストレスのかかる道でしたねえ。
今後、南に向かうコースはちょっと考えますわ。
あう
2011/12/20 00:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
三浦半島一周 あの山の向こうがわ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる