あの山の向こうがわ

アクセスカウンタ

zoom RSS 日光滝軍団

<<   作成日時 : 2011/11/13 22:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

平日は仕事、寝る、起きる、仕事、寝る、起きる・・・の生活なのでネタなしですわ。
てなわけで、早くも週末です。
今週も疲れた身体にムチ打って自転車でした。
休みの日には無理にでも趣味に生きないと滅入ってしまいます。

さて、先日職場の人が紅葉ドライブに金精峠に行った際に
自転車いっぱいいたとの報告がありました。
そうなのですか! 土地勘ないのでそういう情報は助かります。
ならば、行ってみようじゃないですか金精峠!! ってどこ??

地図で調べると日光の奥地です。で、日光ってどうやっていくの??
しばらく地図とにらめっこしていると周回ルートが見えてきました。
道の駅「くろほねやまびこ」が起点です。
最高地点の標高が高いので凍結が心配ですがダメなら引き返すまでですわ。

で、当日。埼玉から下道をナビまかせで走って道の駅に到着。
日光は観光地っぽいので混む前に通過しよってことで5時半に走り出した。
走り出して30分ほどすると明るくなる。国道122号は基本だらだらした登りです。
寝不足で調子があがらずだらだらした登りをだらだら登っていきます。

草木ダムを通り過ぎて足尾の町に立ち寄り。
画像

朝早くて閑散としてました。

引き続き国道122号をだらだら登っていきます。
日足トンネルは2765mと長いですが下りなのでそれほどストレスありません。
トンネルから出るとそのままびゅ〜んと下って国道120号と合流です。
細尾大谷橋の交差点を左に折れて再び登坂開始。
馬返しから「いろは坂」に突入です。
画像

紅葉シーズンの大渋滞で全国的に有名なのでさすがに名前は知ってます。
今日は紅葉も終わってるし朝も早いので大丈夫です。
でもクルマは結構走ってますわ。

道は九十九折れでカーブに「い」「ろ」「は」「に」・・・と名前がついてます。
一気に高度をあげるわりに九十九折れになってるので淡々と登っていけますわ。
途中の明智平から男体山の展望です。
画像

眼下には下り専用の「第一いろは坂」も見えてます。

そこから少し登ってトンネルを越えると中禅寺湖に到着です。
いったん信号を右折して「華厳の滝」を見に行きます。
画像

この滝も全国的に名前が知れてますなあ。
立派な直瀑97mですわ。

少し引き返して中禅寺湖で休憩。
画像

良い景色を見ながら食べるおにぎりは格別ですわ。
まだ時間が早いのでお土産屋さんなども開いていず静かな雰囲気です。
画像

この一帯だけ紅葉が鮮やかでした。

休憩後はさらに奥に走っていきます。
このあたりは奥日光と言うのでしょうか??
走ってると「竜頭の滝」って看板があったので寄ってみます。
駐車場から遊歩道がありますが階段なので担ぎですわ。
画像

「竜頭の滝」は長い連瀑の総称みたいです。
写真はナメ滝の部。

お次は広ーい湿原の登場。
なかなか見どころが多いですわ。
画像

「戦場ヶ原」と言うらしいです。
実際の戦場ではなく神々の伝説の戦場らしいです。
国道は湿原のど真ん中をまっすぐ走ってます。

湿原を通り抜けると今度は「湯滝」の看板がありました。
当然寄ってみます。
画像

これも立派な50m斜瀑ですな。

「湯滝」からぐいっとひと登りで「湯ノ湖」に到着。
画像

これから向かう金精峠が見えてますわ。
けっこう登りそうな感じです。

予想通り日光湯元温泉との分岐を過ぎると斜度が強まりました。
登り始めは10%超えが続きます。
ここまでで結構足が疲れてるのでぜんぜん回せませんわ。
ひーひー言いながら登ります。
画像

途中の展望所から来た道を振り返ります。
男体山と湯ノ湖が見えてます。

そこからひと登りで金精トンネルに到着。
標高1843mとのこと。今日の最高所ですわ。
すぐ上の金精峠は道鏡の巨根伝説にもとづいてるらしいのです。
なにやら道鏡が下野に左遷される際にこの峠を通ったらしいのですが
あまりに自分のナニが重くて切り落としたとのこと。それを「金精様」として祀ったらしい〜 わおっ
幸いなことに私のナニはイッツアスモールワールドなので重石にはなりませんでした。
画像

金精山をバックに。

今日は思ったより気温が下がらず心配していた凍結もなさそうです。
トンネル入り口で休憩してるとロードバイクの人が登ってこられたので少しお話。
千葉にお住いの方で、関東のことをいろいろ聞けて良かったです。

さて、じっとしていると寒くなってきたので出発することに。
ウィンドブレーカーを着込んでトンネルに突入!
ってこのトンネル登りじゃん。予想外です。
トンネルを抜けると下りになったのでぐんぐん下っていきます。
菅沼やら丸沼やらを横目に見ながらどんどん下ります。
尾瀬への分岐の鎌田の交差点も通過していきます。
で、お次は「吹割の滝」の看板あったのでSTOP。
観光客がいっぱいいてはりますわ。
画像

この滝はたまにニュースとかで出てくるので見たことありますわ。
画像

なかなか迫力ありました。

さて、これで観光ポイントはすべて終了。
すこし国道120号を進んでから県道267号へ。
薗原ダム湖を通り過ぎて県道62号に。ここからダラダラの登り返しです。
これがまた疲れた足に堪えます。へろへろになりながらの山越えです。
最後は一気に下って国道122号に合流。
すぐに道の駅「くろほねやまびこ」に到着。
ここの道の駅の駐車場が狭いので駐車する車で混んでました。
なんか申し訳ない。県道62号との交差点付近にスペースがあったので
そっちに止めた方が良かったかもです。

さてさて、今日も山岳コースを堪能できました。
サイコンを見ると累積高度2800m超えでした。今週も疲れましたわ。
そろそろ標高の高いところは凍結で厳しそうです。

画像


走行距離     145.70km
走行時間     06:33
休憩時間     01:42
高度上昇値   2821m

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
御苦労さまです

さて質問ですが、ロードサイクルの時は
どんなものを携帯してるんですか?
カッパ、パンク道具等・・?
インサイダーマン
2011/11/14 17:43
>インサイダーマン
こんにちわ!
だいたいそんなものです。
普段走りの時はパンク時の交換用チューブと
ボンベとかの交換用セットもろもろです。
あとはワイヤーロックと六角レンチ数本&ウィンドブレーカー。
今回は補給できる場所が不明だったので
ザック背負っておにぎりやらパンを入れてました。
あう
2011/11/14 23:12
今回はもろこし街道ですな。
ちょっと時期を逃しましたな。
だる
2011/11/15 00:53
相変わらず有名所怒濤の攻めやね〜。
くろほねはへべきむちエリアなので良く山に行った地域です。
帰りは駅裏の温泉と上村六庵のうどん屋が定番だったな〜。

2011/11/15 16:30
>だる
もろこし街道はりんごが旬でしたわ。
でも今回は途中の買い食いは無しでした。
あう
2011/11/15 22:52
>ぬ
どこ行っても目新しいとこばかりなので楽しいですわ。
あのあたりは立派な山がいろいろありますね。
うどん屋があるのですね。
今回は道の駅でソフトクリーム食べただけですわ。
あう
2011/11/15 22:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
日光滝軍団 あの山の向こうがわ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる